わぐうーやのこと

「わぐうーや」という施術処をご紹介いたします。

「わぐうーや」はこんな場所です。

滋賀県高島市マキノ町、山にと川にと自然に囲まれた小さなお家の施術処にて、柔道整復師が身体のケアをさせていただきます。
施術所というと耳馴染みがあまりないかもしれませんが、いわゆる整骨院、というとわかりやすいかと思います。 「わぐうーや」では、一人ひとりの「身体の全体」をみながら、マッサージ・ソフトな整体・筋肉のリラックスなどを施術していきます。 身体の色んな症状は、怪我してすぐにあらわれるものや、何十年も前の古傷への反応、そして心の傷が身体に投影されるものまで、さまざま・・
疲れきってしまう前に、身体が元気になるお手伝いをさせていただきます。

施術者紹介

柔道整復師

下村 恭子

祖母は按摩師、父親は鍼灸師。
男の子1人、女の子1人の母。
小さい頃から実家の治療院に入り浸り、身体のこと、治療院の仕事のこと、そこにくる人々のこと、漢方のこと・・などなどを学び続ける。
柔道整復師の資格を得て開業した今は、女性と子供たちにこれまでの学びをお返しする日々。

施術者より

身体は、自然環境による気圧・気温・湿度・ウィルス・細菌など、単純に挙げてもこれだけの強い外的ストレスに心身を変化させながら 生活における様々な役割をこなし生かそうとしてくれています。
ですので各々のリズムが崩れ、不快感が出るのは当然のこととも言えます。
ただリズムが崩れるのは再構築しているからであり、決して悪くなっているだけではありません。
今までの人生において、調子の良かった若いときのリズムが最良なのではなく、いろいろな軌跡を経た今に合うリズムが最良です。
その時の心身の最良になるように、調律のような施術が出来ればと思っています。
今までどんなことがあったにせよ、生かし続けてくれた強い身体です。
そう感じながら日々施術しています。

ところで、柔道整復師って?

主に柔道の技においての負傷を整える技術を起源とし、骨や関節・筋肉などの知識を国の認める学校で3年間以上学び国家試験を受けての資格です。
よく「整体師」と同じように思われますが、「整」の文字が入っているためでしょう。 整体師は最短では、3ヶ月から6ヶ月で資格を取得できる民間の資格で、患部への施術を行うことはできません。
違いをざっくりと書きましたが、どの資格にしても取得後の個人の学ぶ力に技術力は大きく左右されるため、個人差はかなりあります。

「わぐうーや」の名前の由来

これまでの施術を通して、身体の患部だけをみていては、その方のバランスが取れないと気付き、全体のバランスをみること、 その方の人生の軌跡も大切な要因になることなどを感じるようになりました。

そして

わ

「和」「輪」「環」のわ・・・めぐり、なごむなど

ぐ

「暮」「口」「具」のく・・・話す、暮らすなど
の言葉を大事にすることが良い施術につながると言う想いと、
これまでの施術人生での一番の信条、

うーや

「恭しい」うやうやしい・・・相手を敬う
という想いとを組み合わせて

わぐうーや

となりました。
どうぞよろしくお願いします。